ふじさきゆうやのブログ

オタクが好き勝手言いまくります。文字量多すぎて校正しても誤字脱字多いです。気付いたら教えてね Twitter ID → @JMK15ring

地下芸人のライブで珍獣発掘!!

 

 

前回に引き続き、地下芸人のお笑いライブに行ってきた。前回は、地下芸人とは分かっていても、それでも自分はどこかで芸人という職業に期待をしていたのであろう。“全然笑えなかったこと”に度肝を抜かれたが、今回は彼らの実力を十分理解した上での参戦。どんな芸人が出てきても驚かない自信があった。

が、しかし、現実は違った。前回見たお笑いライブは本当に最低で、「これより笑えないライブはないんじゃないか」と確信すらしていたのだが、今回は前回と違い芸人のネタで一回も笑うことすら出来なくて、驚きを通り越してビビってしまった。

 

だが、勘違いしないで欲しい。俺はあの日誰よりも真剣にネタを観て、考察し、分析している。決して中途半端な覚悟で記事を書いているわけではない。

 

続きを読む

【WAR OF BRAINS】最強に面白いゲーム・ウォーブレの魅力と、リセマラ表

 

 

 

 

 

最近メチャクチャハマっているゲームがある。ウォーブレこと、『WAR OF BRAINS』である。スマートフォンにて配信されているカードゲームなのだが、これが本当に面白くて、睡眠不足の原因になってしまっている。この前の休日も、オタクイラストの練習に励もうと思っていたのだが、このゲームに時間を食われてしまったせいで、ロクに描けずに終わってしまった。

(誰も興味ないのにも関わらず)度々ツイートで触れていたり、スクショを貼ったりしているので、自分のフォロワーの人なら「またその話かよ・・・」と思うかもしれない。

 

 

ウォーブレとは、最近流行であるDCG(デジタルカードゲーム)と呼ばれるジャンルのゲームである。

カードゲームと聞くと、「オタク向け」「日本人初の黒人ラッパー」「難しそう」といったイメージを抱く人が多いだろう。しかし、そんな理由でプレイをしないのは非常にもったいない。

暇なオタクは試しに一度プレイして欲しい。

 

 

続きを読む

今まで二年間のうち実践したオタク絵の練習方法と、実践した感想

 

 

 

8月23日をもってオタクイラストのシバき歴二年になるこの自分が、今まで実際に行ってきた練習方法と、それについて思ったことを書いてゆく。(オタクイラストをシバく=オタクが好きそうな二次元のキャラクターを描く)

忙しい時期などは一カ月全く描かないなんてこともあったが、そういう時期を除けば二年間殆ど毎日絵を描いていた。

忙しくてどうしても絵が描けない日は、空いた時間を見つけては絵に関するサイトや、pixivに落ちている講座を閲覧して、情報だけでも集めるように努めていた。

休みの日は一日中絵を描いていることもあった。頻度としてはそれくらい。波が激しすぎるのでトータルとして見ればそこそこ絵を描く程度か。

 

 

そして三年目に差し掛かるにあたり、今までの二年間の練習方法を、一つの区切りとして備忘録代わりにまとめておく。

これから絵を描き始めたいという人の参考くらいにはなるかも知れないが、まあ、結局のところ、ふじさきゆうやという一個人の感想に過ぎないので、マジになって読むよりかは肩の力を抜いて暇なときに読んで欲しい。

「こういうことを二年間やったらこんな感じになりました」という報告を見る感覚で軽い気持ちでこの記事を読んでもらえれば幸いだ。

 

 

関連記事

www.cojking.com

 

 

 

続きを読む

【第三章】見た目は大人、頭脳は子供!いらじおじさんの事件簿まとめ(5月~7月30日)

 

 

一応の完成記事。前回の未完成版を既に読んでいる人は7月あたりから読めばOK。(8/1 01:00 ふじさきゆうや) 

 

 

本格的に見るところがなくなってきたなと思っていたが、撤回する。最近は焦りもあってか、4~5月5日よりも面白いものを見ることが出来た。

コンテンツとしての賞味期限はもうとっくに切れているのは事実だけれども、腐っているものは腐っているもので他にも楽しみようがあるのだなと気付かされた。

今の先生は怖いものなしのムーブで非常に楽しませてくれている。 

 

続きを読む

地獄少女 宵伽(四期)一話のあらすじとそれを観た感想。

 

 

この記事はいつもよりも大分書き殴っています。 

気が向いたら読みやすいようもうちょい文練ります。

 

先程、地獄少女の宵伽を観た。amazonプライムで配信されるだろうと踏んで待っていたんだけれども、一向に配信される気配がないので、シコシコ動画の生放送のタイムシフトを観た。

このブログの読者は俺を悪人だと思っているだろうけれども、実はこういう必殺仕事人みたいな悪を裁く存在がメチャクチャ好き。好き放題やりまくって他人からの怨まれているだろうから、実際に地獄少女が居たらいらじあたりに地獄に流されてそうな俺だけど、こういう勧善懲悪モノは好きなんですよ。

怨み屋本舗とか、スカイハイとかも好き。この二つはは別に“勧善”ではないけど。

(まあ、地獄少女が勧善懲悪といえるかどうかは、微妙なところだけれども、まあ大体悪人を裁いているような気がするしこれも一応は勧善懲悪ということで。)

とにかく調子に乗っている悪人が痛い目を見るのは本当にスカッとするんですよね。

 

続きを読む