ふじさきゆうやのブログ

オタクが好き勝手言いまくります。Twitter ID→@FrozenOtakuJ

【ネタバレ注意】Fate stay night/Heven's Feel 第一部 ~presage flower~ 思い出しながら感想

 

 

この記事は劇場版『Fate stay night/Heven's Feel 第一部 ~presage flower~』のネタバレがガンガン含まれているので今後観る予定がありまだ観ていない人は絶対に読まないように。

 

あと自分はどちらかと言うと「オタクが騒ぐほどではなかったな」と思ったので、「文句なし!!!最高!!!!」と思ったファンは読まない方がいい。

 

因みに自分は原作未プレイ。

Fate/SN、Fate zero、Fate/UBWをアニメで三回ずつくらい観た程度のオタク。

FateGOもプレイしていないから、ちょっと視点がファンとは違うかもしれない。

でも、Fateは正直めちゃめちゃ好きな作品で、今回の映画も死ぬほど楽しみにしていた。

このブログの読者は既に分かっているかも知れないが、自分は辛口なだけで決してアンチではないということを理解頂きたい。

(SAOもあれだけ書いたけどメッチャ好きだからね、俺)

 

 

まあ、「原作未プレイの(ひねくれた)陰キャオタクはこんなこと思ったのか」くらいに受け止めて貰えれば幸いだ。

二回分のチケット買ってたから、特典は二つ手元にあるけど、疲れたから本編を観たのは最初の一回のみ。

この映画相当長いから連続で観るのは中々体力使うよホント。。

 

余談だが、FateGoで好きなサーヴァントは、エジプトっぽい娘と、

エジプトっぽい娘と、鬼っぽい娘。

 

 

 

 

 

 

f:id:cojking:20171023185026j:plain

凛ちゃんと桜が可愛い一枚。素直に素直。



 

“今週は”二回行ってきました。

俺は凛ちゃんが死ぬほど好きだから、本当は先週のも行きたかったんだけど、月曜日には特典が配布終了しており萎えてしまったので今週から本気を出した。

流石に人気作品だけあって特典がなくなるのが早い早い。

土日で殆ど掃けて、月曜日の頭の最初の上映で配布終了したとのこと。

二週目の特典も、映画館のスタッフさん曰く、月曜で配布終了するんだと。

SAOは上映から四週間経過してたし、始まったばかりのFateと比べるのはナンセンスだけど、SAOの四週目特典は木曜日くらいまで残っていたからFateの配布完了の早さにビビっちまったよ。

 

 

一回目はシロウを引き当てて、SAOの悪夢を思い出してしまったけど、二回目で目当ての凛ちゃんを引き当てることに成功した。

同じ映画を15回も行くのはもう懲り懲りだし本当に良かった。

でもしばらく土日に映画館行けそうにないし、最悪これ以降の特典貰う機会がないかも。。。

 

f:id:cojking:20170405210450j:plain

SAOの悪夢



www.cojking.com

 

 

 

 

 

  • 本編を思い出しながら感想を書く。一回しか観ていないから時系列違うかも。また次観たら修正しておく。

開幕即シロウとワカメの弓道部シーン。一年のシロウ、慎二(ワカメ)、美綴ら一年トリオが顧問や先輩にめっちゃ期待されとる描写。シロウ、そういえば弓道の腕がありえん上手かったけど、何気にワカメも弓道の腕が優秀っぽくて驚いた。

※原作だとちゃんと弓道やっているのかも知れないけど、少なくとも、SNとUBWのイメージから幽霊部員のポンコツだと思っていたよ。ごめんな、慎二。あと、やけにイケメンに描かれていた。

 

そして、シロウが大会直前にバイトで腕を壊す。慎二がそのことにキレたら、「慎二と美綴が居れば俺なんて居ても居なくても変わらない」とホザくシロウ。テメェ、バカにしているのか。

※意外にも真面目に弓道部の活動している様子の慎二。俺の中で密かに慎二の株が上がる。

 

 

腕を壊したということで桜がシロウの家に押しかけて家事をするようになる。大して仲がいい様子でもなかったけど、何故突然家に押しかけたんや?この背景や理由については、第二部第三部で語られるのだろうか。

シロウ、「段々と弓道部に顔を出さなくなり、バイトも増やしたかったのもあって弓道部やめたわ(要約)」と独白する。いやいやいや、印象最悪だろそれ。

 

桜との日常風景の描写。

 

寺生まれのゲイと一緒にモノを直していたら、それを見た慎二にお前暇だなとバカにされる。

しかし、シロウはナチュラルボーンサイコパスなのか「お前の弓もメンテしてやろうか?弦(つる)張るの苦手だったろ?w」と煽り、慎二に「もう弓道部じゃないんだから関わるな」的なことを言われる。

これシロウのこと嫌いにならないやついるの?

※相変わらず寺生まれのゲイは可愛い。

 

日常風景の描写。

※慎二が真面目に授業のノート取っている様子が(一瞬だが)描かれる。この映画を観るまでは、慎二のことを『勉強しない、部活も幽霊部員、女のことしか頭にないヘタレ性欲ワカメ』だと思ってたけど、どうやら俺が間違っていたみたいだな。

 

 

一年の教室に桜を探しに来たシロウ。それを見た慎二に「お前が一年の教室に何の用だよ?」と煽られる。

すると、「美綴をあまり困らせるなよ」と上から目線でシロウが慎二に説教する。

「部外者には関係ないだろ」と慎二が言うが、まさに正論。

※大会前に腕を壊して、卑屈になるウザムーブキメて、次第にフェードアウトして退部するような無責任な男にそんなこと言われたくないだろうよ。

マジで何なんだよこのウザ主人公は。

 

 

慎二に弓道場の掃除を押し付けられて引き受けるシロウ。

※いつものようにランサーに殺される。 

 

 

以下、尺の都合で、謎のBGMと共に2分程度のダイジェスト映像で紹介される。

セリフとかはなく、本当にただのダイジェスト映像。

 

掃除中に金属音がして、それを見てしまいランサーに殺されるシロウ。

ランサーに追われて殺される

慈悲深い凛ちゃん(この世の最終天使)が、陰キャラ家事手伝いうちはサスケを復活させる

生きていることをランサーに気付かれてしまい再度命を狙われる

セイバー登場

※「問おう、貴方が私のマスターか」のセリフすらなく、普通にダイジェストで流れる。まさか問おうキャンセルが来るとは思わなんだね。

ランサー撤退

近くにいたエンジェル凛ちゃんと、アーチャーに切りかかるセイバー

なんやかんやで最上級女神・凛ちゃんに魔術協会に連れていかれるシロウとセイバー

 

 

 

愉悦部・言峰綺礼に聖杯戦争のことと10年前の火災の原因について解説されたシロウは、調子こいて「聖杯戦争早く終わらせるために僕も参加しゅるーーーー!!(ブリブリブリ」などとほざく。

※綺礼が、シロウに近づきながら聖杯戦争について語っているのだが、めちゃくちゃ不自然に体と髪が動くだけで、全然進んでいるように見えなくて笑ってしまった。NHKの人形劇のような奇妙な歩き。

 

 

協会を出るとイリヤスフィール・フォン・アインツベルンとバーサーカーが待ち構えており、バーサーカーとの戦闘が始まる。

期待していた戦闘シーンではあるが、思いの外、あっさりしたものだった。

この戦闘シーン自体には特に見所はないが、イリヤが妙に劇団員チックにクネクネ動いてバーサーカーに「殺せ」と指示していたのが可愛かった。この映画でも中々の名シーンなので要チェックだ。

 

 

バーサーカーにクッソボコられるセイバー。アホの子シロウはセイバーを庇い、思い切りバーサーカーの一撃を食らう。

※スタジオディーン版のバーサーカーなら、俺でもかろうじて攻撃を耐えることが出来るかも知れないけど、映画版のバーサーカーの攻撃は流石にヤベェだろ……。

 

 

案の定、バーサーカーに殴られて、腹が破裂し、腸を撒き散らしながら吹っ飛ぶシロウ。映画版なだけあって被弾時の描写もかなり深刻に見える。というか普通に深刻なんだが。

※セイバーが「マスター!!」と叫ぶ。バーサーカーに殴られた時の「ぐはっ!!」を除けば、セイバーがこの映画で喋ったのはこれが始めて。(多分)

 

目が覚めると公園のベンチに寝ているシロウ。「大丈夫ですか」とセイバーが声を掛けるが、大丈夫なわけないやろ!腸出てんねんで!?

効いたよね、早めのアヴァロン♪じゃないんだよ。今までは骨折・内臓の破裂をしても「アヴァロンすげぇなぁ」でまだ納得出来たけど、流石に腸が出てそれ含めて治癒して体動かしているのはゾンビだよ。お前、何でランサーの槍で一撃死したの?

凛ちゃんと別れ帰宅しようとするシロウ。

 

 

帰宅の道中、別の魔力に気付き、それを辿って行ったら廃人状態の美綴とライダーに遭遇。

慎二もカッコよく後から登場して「サーヴァント同士を戦わせようよ!」と提案。慎二の手に持った魔本が光って、めっちゃイケメンに見える。

しかし作画の加護も潰えてしまい、セイバーのワンパンで動けなくなるライダー。

 それにキレた慎二が、手に持った魔本で謎電流(?)を流して、ライダーを痛めつける。すると突然魔本が燃えてしまい、慎二が必死に火を消そうとするも全く消えず。魔本が灰になり、それに伴いライダーも光になって消えた。

廃人状態の美綴を協会に連れて行き、綺礼に助けを求めるシロウ。

「この女(美綴)よりも、お前の方がケガヤバそうだけど…」と綺礼にマジレスされるが、マジでそれな。

 

 

で、場面が変わってロケット団のサーヴァント(キャスターが呼び出した偽者のアサシン)が出てくるも急に口から血を流して倒れる。その後、腹からZEROアサシンみたいなサーヴァントが出てくる。

キャスターが今ドキのお姉さんみたいな格好で「アサシン、出てきなさい」と言うんだけどそれがめちゃくちゃ可愛いので皆も要チェックだ。

まあ、そのあとZEROアサシンみたいなやつに瞬殺されたけど。どうやらZEROアサシンみたいなやつは本来参戦する予定だったアサシンだった模様。

※ZEROアサシンは、他のルートでは、キャスターがロケット団のアサシンを出してしまったせいで呼ばれなかったぽいけど、今回のルートでは慎二のおじいさん間桐臓硯によって呼び出された。臓硯が「不完全な状態」とかなんとか言っていたのでこれからインフレするのだろう。

※それはイイとして、個人的には旧アサシンとキャスターめちゃめちゃ好きなのに全然出番もなく瞬殺されて悲しかった。

 

 

 

寺を見張っていたランサーがアサシンを追跡してバトル発生。

逃げるアサシンを追いかけている時のランサーの走り方がかなりダサかった…。アスリートみたいな走り方をしてる時は笑ったけど。

で、柳洞寺にある湖に誘い出され、そこに住む第三者の化け物みたいな存在を嗾けられて苦戦するランサー。

その隙を突かれ、宝具(?)で心臓を抜かれてランサーは死んだ。(ランサーの心臓はアサシンがおいしくいただきました)

※今回の映画では一番戦闘シーンが長かったけど、オタク達が言うほど「作画スゲー」とは思わなかったかな…。何というか、テンションが上がらなかったというか。

ランサーはかなり好きなサーヴァントなんだけれども、あまり見せ場がないまま死んでしまったのが残念だった。

※第三者の化け物は、アサシンがコントロールしているわけではない。スマブラのキャプテンファルコンのF-ZEROステージに出てくる、轢き逃げマシンみたいなもんと思ってもらってもよい。

 

 

別の場所で臓硯が士郎達の前に現れる。死んだキャスターの死体を操って士郎達を襲う。

が、突然訳の分からん暖簾(のれん)を身に纏ったヤツが出てきて、キャスターの攻撃を吸収。変な衝撃波を撃って攻撃しよる。

その衝撃波を撃って士郎気絶。

臓硯はめっちゃ驚いた様子で退散。凛ちゃんは無事♡

 

 

士郎、綺礼に呼び出され中華屋でデート。「昨日何があったん?」と綺礼に聞かれ、臓硯がマスターとして参加していたことと暖簾について話す。

綺礼に「俺実はランサーのマスターなんだよね。柳洞寺を張り込みするよう命令したら、アサシンが出てきたもんで、追跡させたら返り討ちにされたぞい。あっこめっちゃ臭いで」と言われ、

「ほなら俺が見てくるわ」言うて柳洞寺に乗り込む士郎。

 

 

 

セイバーと柳洞寺に凸。アサシンが現れて戦闘開始。

セイバーがアサシンと戦っている間に、臓硯が現れて士郎と戦闘。流石に本職には敵わず士郎ピンチ。

一方、例の如く柳洞寺の化け物に襲われセイバーが消える。

士郎の手から令呪が消えて(ここ記憶曖昧)、「セイバーはもうおらん。お前はもうマスターちゃうで」と臓硯に宣告され大ピンチの士郎。

 

 

アサシンが「俺が殺します!!」と買って出たので臓硯は帰宅。

アサシンのベアクローに刺されそうになった瞬間、魔界に帰ったはずの死んだはずのライダーが現れて士郎を守る。凄まじい戦闘力でアサシンをボコボコにして、アサシン敗走。

ロクに感謝も言わず士郎は帰宅し、桜とイチャラブモードになって第1章presage flowerは終了。

※余談だが、アサシンはサーヴァントの心臓を喰らうことで強くなってるらしく、めっちゃイケボの紳士になっていた。登場時は「オデ……オマエ、コロス」みたいな感じだったけど。

 

 

 

 

総評

余計なことをダラダラやってる時間もなく、テンポは良かった。

作画はまあいいとは思うけど、皆が騒ぐ程ではなかった気がする。戦闘シーンもつい見入ってしまうような興奮するモノでもなく、物足りなさはあった。

旧アサシンとキャスター、ランサーが呆気なく死んだのも相俟って、どちらかと言うと戦闘シーンに関してはガッカリしたかな。

(まあ、強敵枠で出てきたアサシンが既存のサーヴァントと拮抗するのもどうかと思うけど。)

これもFateだからこそ、かなりハードル高めに期待してしまったのであり、ケチをつけたくてこんなことを言っているわけではない。

イリアが劇団員ばりの迫真の演技でバーサーカーに指示しているシーン、士郎に詰め寄られて照れる女神・凛ちゃんのシーン、桜が士郎と暖房器具で暖まっているシーンはメチャクチャ可愛かった。

士郎が夢の中で凛ちゃんのおっぱいを揉んでいるシーンは、オタク達へのサービスなのかも知れないが、俺は照れたり怒ったりする凛ちゃんの方が観たかったよ…。

あと、どちらかと言うと嫌いだった慎二の好感度も上がって、結構好きなキャラになった。

 

 

三部作の一発目と言うことで、明かされていない事の方が多いが、それだけに次回作が気になって仕方がない。

この記事だけ見ると、俺が全然映画を楽しめていないように見えるかも知れないけど、そんなことはなくメチャクチャ楽しめています。

皆もFateオタクなら絶対観ようね。

 

 

何やかんやで特典回収兼ねて少なくともあと最低5回は観ると思うので、また何か気付いたことがあったら追加していきます。

3週目の特典もランサーがカッコいいから欲しいんだけど、土日行けそうにないし悲しみしかねぇな……。