ふじさきゆうやのブログ

オタクが好き勝手言いまくります。文字量多すぎて校正しても誤字脱字多いです。気付いたら教えてね

Amazon、食べログ、クックパッド、メルカリで見かけるウザいやつら。

 

「ネットでよく見かけるうざいやつ」にまんま当てはまる俺がこんな記事を書くのも、正直どうなのかなとも思うが、共有したいので投稿する。

 

 

 

 

クックパッド

さて、ここの読者はクックパッドのレシピを見たことがあるだろうか。一応解説しておくと、デザート含む料理のレシピをユーザーが投稿し、登録者は自由に閲覧できるというサイト。レシピをまとめたレシピ本なども多数販売されており、主婦だけでなく、一人暮らしの人も大変お世話になるサイトだ。

第三者がつくレポというレビューのようなものをレシピに書くことも出来、そのレビューの数が多ければ多いほどいいレシピとされている。

 

 

  • クックパッドで「秘密だった」「ナイショの」といった単語を入れる主婦

このサイト、当然レシピ名も投稿者が自由に決めることが出来るのだが、「秘密だった」「ナイショの」「秘密にしたい」とかいうワードがレシピ名に入っていると、メチャクチャムカついてくる。

秘密にしたいなら一生秘密にしておけや。「本当はお前らには教えたくないんだけど、仕方ないから教えてやるか」といった態度に腹が立つ。

レシピの生い立ちに「秘密だったんだけど友達にどうしてもと言われて渋々紹介します」とか書いてあるとイキリの真髄って感じがしてもう我慢の限界だぜ。

 それにしても腹が立つな、投稿者のしたり顔が浮かぶからか。

 

 レシピを飲食店の人から聞いたとかいう意味であれば「確かに秘密だったという書き方でなくはないが…」とも思うが、

しかしそれならそれで「プロから聞いた~~」とか「プロの作り方の~~」にして欲しいもんだ。

自分の手柄にしやがって…許さんぞ!!ピギィィィ!!!!

 

 

  • 全く他人に教える気がないレシピ

上記とは違い、「知りたい?ん?知りたい?」といった教えたがりなレシピとは正反対。確かにレシピにはなっているのだが、分量が酷い。

醤油、砂糖、酒、みりん、全てが『適量』になっている。しかも水まで適量とか書いてあるとどうしようもない。これらの調味料入れたらそりゃ一応食えるものにはなるだろうよ。でも料理って分量とかで味が全く変わるからわざわざテメェのレシピを見ているんだろうが。

焼く時間とかも「お好みで」とか書いてあるともはや何も言うまい。君は免許皆伝だ、涅槃に至ったな。

もしかして彼が住む世界では「アレが欲しいからソコでソレ買ってきて」と言っても通じるのだろう。アホか。

 

 

 

 

・食べログ

食べログとは、飲食店の情報が多数掲載されており、店のレビューをすることが出来るサイト。ここでのレビューが高評価なほど注目されやすく、旅行の際にここのレビューを参考に店を決める者も多い。最近ではミシュランのようにブランド化している。

さて、一見ムカつく要素がなさそうなサイトだが、俺はここでも“ムカつきポイント”を見つけてしまった。

 

 

  • 食べログにて、ゴミみたいな長い前置きを残してレビューするカス
  • 店に入るまでが長げぇカス

レビューページを開き、それがやけにスクロール出来るレビューであれば要注意だ。

聞いてもいないのに「先週、お習い事のバレーボールの、帰りにママ友のYちゃんとSちゃんと…」と全く関係のないところから描き始めるカスがいるからだ。

それだけならばまだ宜しいのだが、いちいち自分が友達とどういう話をしてどう思っただとか、天気が良いだの悪いだの、テメェの情報なんて一切興味ないっての!!

そのくせやっとレビューをしたかと思いきや一言しか残していないとかもう何も言えねぇよ。

更にムカつくのがそのゴミログが「いいね!」されてオススメの口コミとしてピックアップされていること。テメェらの目は節穴かよ。アホか。

店の雰囲気、接客、味、見た目、値段、要点押さえろや。誰もお前が行きたかった店が満席で渋々移動しただとか、興味ねぇんだよ。だらだら長いだけの駄文残すな。俺もダラダラ長いブログ書いているから人のこと言えないけど、ちゃんとテーマは決めて書いているぞ!?

 

さて、そんな俺がゴミログを再現するので是非ウザさを体感してほしい。

 

高校時代の友達と久しぶりに女子会することになったので行きました♪

Mちゃん顔変わってなくてビックリ!若いまんま!Sは相変わらずサバサバしていて、Yちゃんは凄く雰囲気変わってました。

皆で集まったしどこいこっかーって話をしていたんですが中々店が決まらず・・・。暑いしヒールだから長時間歩きたくなかったんだけど、1時間も店探しで歩き回ることに…トホホ(徒歩だけにw)。

たくさん歩いてようやく雰囲気のいいケーキ屋さんを発見♪

早速入ってみました。

メニューはイチゴの~~と、バナナの~~で迷ったんだけど、一番人気のベリーの~~にしました!

Mちゃんはチョコレートが好きなので〇〇にして、Sはメロンの~~!見た目がきれいでおいしそー!!

Yちゃんは特製パンケーキに♪

学生時代の話に花を咲かせておいしくいただきました。

皆も気に入ったのでまたリピします、ごちそうさまでした

 

なげーよ、アホと思うかもしれないが、ホンモノのゴミログはもっと長いし、無駄に改行して何回もスクロールしなくてはならない。読むだけでストレスが溜まる異常なレビューだ。

 

平成28年1月15日金曜日、ラーメン二郎 西台駅前店、大ラーメン+青ネギ+味付うずら+生卵+生卵 ニンニク 1150YEN

麺、汁染みた西台麺ハフハフ啜る。ウマ過ぎィ!

汁、濃いめに効いた醤油で堪らなくウッメェェッ!

完飲。

 

って書いた方が遥かに旨そうに見える。habomaijiroさんのツイートを一万回くらい見て勉強しろ。

 

 

  •  文章力がなさすぎて高評価つけている割にはネガキャンにしか見えないレビュー

この手の輩はそこそこ長い文章を書いているし、評価も高くつけているし、好きなのは伝わる。

しかし、文章力がないくせに「こんな味だよ」と伝えようと意識するするあまり、「揚げた芋に程良い塩がかかっており、じゃがりこのような味をしていました」とか、「このプリンは本当に舌の上でとろけてしまいます。味はプッチンプリンを上品にしたような味です」とか、マジで美味くて褒めているのだとしてもそんな感想を見てしまったら食欲がなくなる。

それを意図したネガキャンレビューならまだしも、狙ってないのにこのコメントか。人には向き不向きがあるから、是非とも別の分野にて才能を発揮して欲しい。それでもレビューウィ続けるというのであれば、せめてもう少し勉強してボキャブラリーを府や祖て欲しいものだ。

 

 

 

 

・メルカリ

馬鹿でも出来るがウリのオークションサイト。そのコンセプトに沿った利用者は脳味噌が入っているのかを疑ってしまうような珍獣ばかりだ。

頭が弱い学生、知恵遅れの女性、世間知らずの独身のババアが主な利用者だ。

 

 

  • 日本語が読めない馬鹿

メルカリを使ったことのない人には創作なんじゃないかと疑われてしまいそうだが…。

メルカリは、値切り交渉を文化としており、利用者も当たり前のように値切ってくる。商品説明に値下げできない旨を書いても値切ってくる。

それだけならばまだ可愛いものだ。実際にあった例を10000円で出品しているものを「2000円にお値下げ出来ないですか」と平気なツラして訪ねてくる。

最初は俺も「2000円マケてくれない?」と言っているものだと思い「8000円でも構いませんよ」と返信したところ、「2000円ですが?」とこれまたぶっきらぼうなメッセージがきた。

この時点で結構ムカついているが、「10000-2000=8000円ですよ!」と返信すると、「2000円で売ってくれないかと頼んでいるんですが?」と喧嘩腰になりよる。

あまりの出来事に開いた口が塞がらなかった。

 

 

  • 気に食わないことがあると低評価をつける馬鹿

ヤフオクとかだと、最近は取引が簡単なったこともあり、何も言葉を交わさぬまま取引が終わるなんてことの方が多い。金を払って欲しいものを買う、物を売って金を受け取る、これがオークションサイトの目的だからこれさえ無事に終われば、何かトラブルでもない限り大変満足に終わるのが当たり前なのだ。

しかし、メルカスは別だ。落札後に「よろしくお願いします。楽しみにしています」と書かないと、予定通りに入金をしても最低評価を付けられる。

「よろしくお願いします」だけでもダメ。「感想がなくて不安だった」とかいう本当に意味不明なコメントとともに最低評価。

実際に俺が遭遇したメルカリガイジの例を紹介すると、20日入金予定だったものを18日に入金する。すると「予定よりも大分早い」ということで最低評価を貰った。遅いならともかく、早くて困ることあるのか?とビビってしまった。

別の例を紹介すると、コンビニ受け取りで入金も終わってはいたのだが、忙しく受け取るのが2日ほど遅れた。その際も「私を不安にさせたのでこの評価です」と最低評価をつけられた。

相手のメッセージに4時間返信しなかっただけで最低評価をつけられたことも。社会人でない女がメイン層だからか、相手の都合というものを考えないやつらが多すぎる。

ここには生きたホンモノの珍獣が揃っているので、興味がある者はぜひ使ってみて欲しい。

 

 

 

 

・Amazon

もはや知らない人間はいないであろう世界的に有名なネット通販サイト。レコメンデーション機能(オススメ機能)は、世界でもトップクラスの技術を誇ると称されている。

ここ他の通販サイトよりも利用者が多く、真面目なレビューもあれば、抜群のセンスで笑いを取りに行くレビューもあるし、ひたすら長文のネガキャンレビューもある。とにかく混沌としている。

 

 

  • 内容を全てお漏らしするやつ

 好きなゲーム(漫画orアニメ)なんだね。うん、よくわかるよ。

しかし内容を見てみると、感想書くのがヘタクソなのかただのネタバレになっとる。困りだね。

 

 

  • 友人にプレゼントしたオナホをレビューするやつ

オナホをプレゼントするのはいいが、君がそれをレビューするな。

期待を込めて☆5つ、をやっている連中とやっていることは変わらないぞ。

「パッケージは可愛かったです」じゃないでしょ。

せめて友人にレビューさせなさい。使っている人間のレビューならともかく、君のレビューに何の価値があるんだ。